もるブログ(ひたすら人狼論)

人狼についてあーだこーだ書きます(主にTLPTルール中心)

ルール違反のお話

土日になります。もるです。今週末も人狼をやっています。多人数村にも参加しそうなのです。初日に殺されたあとの暇に耐えられなくて今まで避けてたんですが、面子が素敵な方々ばかりなのでかなり楽しみにしています。

さて今日も宣伝です。

 

【うみねこ人狼】ケミカル人狼 Ep.3-1【ダンガンロンパ人狼】 - niconico
あいりさんのケミカル動画の新作です。この動画のおかげでケミカルの知名度がどんどん上がって行きそうですね。
ケミカルの開発者とこのブログでパンツについてだだ語る人が同一人物って信じられますか?

さて今日は変な話題について書きます。すごく100人中99人の人が出来てる当たり前のことです。

夜は自分の能力以外で目を開けない

人狼ゲームで村人が夜に目を開けた場合、ゲーム自体が破綻します。だって答えが目の前にあるのですから。ただ時々いるらしいのです。目を開ける人。定期的に噂になります。私も人狼の時に(こいつ見てるべ。怪しいわ)となったことが1.2回あります。
実はこっそり目を開けてるってあなた。結構バレてますよ。プレイヤーではなく、GMに。GMはプレイヤーと視線が違うわけですからこういったことを発見しやすいのです。そして、人狼界の狭いネットワークではすぐに悪名が広がってしまいます。

誤解を招かないために

自分はちゃんと目を閉じてるのに誤解されたくないと思ったあなた。誤解されないためにはどうすればいいのか。すごく簡単なことです。目を閉じてるのを誰からでも見えるようにすればいいんです。
夜タイムで一番怪しいのは、正面を向きながらも顔を手で覆ってしまう方法です。皆さんも今両手で顔を覆ってみてください。これ指の隙間から結構見えるでしょ?目を瞑るだけなのに手で覆う必要はありません。堂々と目を隠さず普通に目を閉じて下を向くだけで十分ですよ。
あ、当たり前ですけど、私はやっていませんからね 笑 そんなことしていたら参加費が無駄になります。

ゲームの勝ちを目指そう
話は変わります。次はちゃんとゲームを成り立たせるためのお話です。
時々勘違いしてる人がいるのですが、「勝ちに拘らない」と「勝ちを目指さない」は全く違います。
「勝ちに拘らない」というのは勝っても負けてもお互いを尊重し、笑顔でゲームを終わらせることであり、
「勝ちを目指さない」はゲームの最低限の目的を見失い、妨害することです。要はサッカーで自分のゴールにボールを入れ続けたらゲームは成り立たないですよね。
この二つを混同して、自分は勝ちに拘らないからと村が不利になるような村騙りなど自分だけが満足するようなプレーをする人が時々います。これはモラルの問題です。参加者がいて、ルールを守るからこそ成り立つのが人狼ゲームです。モラルとルールを守って楽しく村を滅ぼしましょう。
私の知り合いの99%の人には関係ない話題ですけどね。

 

もる