もるブログ(ひたすら人狼論)

人狼についてあーだこーだ書きます(主にTLPTルール中心)

孤立黒と共感白

こんばんはーもるです

だいたい更新は水曜と金曜をイメージしてるんですけど,月曜が休みだと曜日感覚がズレますね。今週末は人狼はお休みです。土日に遊びでない予定が入ると損した気分になります。そんなもるさんを人狼に誘ってくださっても良いのですよ。

さて今日は久々に宣伝です!

【うみねこ人狼】ケミカル人狼 Ep.2-5 by アイリーン ゲーム/動画 - ニコニコ動画

もう皆さんおなじみのケミカル人狼のエピソード2の5話です!次回作はうみねこ×ロンパ!どんな面子が登場するか今から楽しみで夜も眠れませんね。

さて今日の話題は共感白について。あと相変わらずですがこのブログはTLPTルールについてのみ書かれております。

 

どんなにわかってても理解されなければ意味がない

人狼ゲームでよく見る光景が『私わかってた!』とゲーム後に自慢気に語る人です。ほんとにわかってたのかどうか確かめる術はありませんが,まあ思うところはあったのでしょう。他にも『なんでわかってくれないんだ!』と議論中に独りよがりになって主張する人。その人目線ではわかってたのかもしれないですけどね。これらの方に共通して言えることは同じです。

議論中に理解してもらえなければ意味がない。

どんなに強かろうがロジックだろうがその村で理解を得られなければ主張は独り歩きするだけです。逆に言ってしまえば初心者であろうと村の人から多くの共感が得られれば,その主張の価値は最大化されていくのです。ネットゲームでは主張の内容が重視されると共にある程度慣れている人が多いため,バーッと主張をしても受け入れられると思います。文字を読めば済むことですし。しかし,対面の人狼はそうはいきません。人狼ゲームに限らず人に自分の主張を伝えるということは難しいことです。あなたの主張は相手に届いていますか?心に響いていますか?内容も大事ですけど,相手に言葉を届けるということを意識することはもっともっと大切だと私は考えています。一人で喋るだけのゲームではありません。

共感白という技術

発言内容だけでなく,思考が似てるからなんとなく村置きしたりすることはありませんか?自分と同じ視点を持っているということは,自分と同じでこの人も村人・・・。こういう考えは割と一般的なものであると思います。逆に言ってしまえばこれを利用すれば人狼でも村目を取れるんじゃないかと最近考えています。

共感白を取るために一番気を付けているのは視線です。例えば,処刑者が遺言で変なことを言っていた時に(あれ・・・?この人なんか今おかしいこと言ったぞ。)と頭に浮かんだ瞬間,同じ考えを同じタイミングで思った人を探し視線を合わせて(なんかこいの人変なこと言ったよね?)と目で合図を送る。これだけでは村目を取れるとは言いませんが,会話を使わないすり寄りとしては十分でしょう。

このような感じで要所要所ので村の人たちと思考を寄せていく。そしてなんとなく村目が取れる。こんな狡いことをゲーム中にもるはやっています。特にある程度発言力がある人やもともと思考が似ている人に対しては村のときも人外のときも視線を投げます。私とよく視線が合う人はそういうことです。

人狼ゲームは議論をぶつけるだけのゲームではありません。相手を理解し,心を掴み,自分を理解してもらう。時には笑顔も武器となります。どこまで効果があるかわかりませんが,いろいろなことを試して戦略の幅を広げていきたいものです。

 

もる