読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もるブログ(ひたすら人狼論)

人狼についてあーだこーだ書きます(主にTLPTルール中心)

新感覚人狼ゲーム『ケミカル人狼』

昨日はたくさんの方に閲覧して頂いて恐縮です。このままこれからも読んで頂けたら幸いです。
しかし、閲覧数がぐわーっと伸びた翌日のネタは難しいですね。そこで自分でネタを考えず、友人が考えた新しい人狼ゲーム『ケミカル人狼』を紹介します。(責任転嫁というやつです。)
冗談は置いといて、このゲームは発想もそうですがルールもかなり整理されており中毒的にハマるので、興味を持った人はプレイしてみて下さい。

ケミカル人狼を考えた人→おしおさん

また、ケミカル人狼の動画もあるので興味のある方はこちらからどうぞ。ケミカル人狼の雰囲気そのままを再現してて、かなり面白いです。

動画作成者→あいりさん

ブログを書いてる人→もるさん(私)

全てご本人からの許可済みでの紹介です。

ケミカル人狼ルール
ケミカルは簡単にまとめると一人で2つの役職を同時に持つ可能性のある人狼ゲームです。

14人村、使用カード枚数28枚
狼×3
狂人×1
預言×1
霊媒×1
狩人(騎士)×1
猫又×1(昼処刑されたら、狼含む誰かをランダムで道連れ。夜襲撃されたら狼を一人道連れ) 
恋人×2(同時死) 
村×17
狐×1(第三陣営。占われたら溶ける。襲撃されても死なない。)

上記のカードを良く混ぜて一人2枚づつ配る。そしてカードによって陣営を決める。

陣営の優先順位
狐>狼・狂人>村人

2枚持ってるうち優先順位の高いカードの陣営が自分の陣営となる(『人狼×恋人』と『村×恋人』のカップルはそれぞれ人狼陣営と村人陣営)

基本ルールはTLPTと同じ
①初日は白通知
②投票は挙手制の自由投票
③連続ガードなし。自己護衛不可

ケミカル人狼の独自ルール
①基本的には持ってるカードの両方で夜起きる。(例 『人狼×預言』のカードを持つ人は人狼の襲撃を行ったあと占いを行う)
②狐のカードを持っている人はもう一枚のカードがなんであれ、人数カウントなし。
③『猫又×狐』 が夜に占いによって溶かされた場合、道連れは発生しない。
④『人狼×狐』 は占われたら夜に溶ける。ただし、占い結果は人狼
⑤『人狼×人狼』を持つ人は一人で人狼の人数カウントが2匹

ルールはこんなところです。ケミカルを知っている方は、まだ足りないルールがあればご指摘お願いします。追記します。

2つの役職による化学反応
化学反応って英訳するとCHEMISTRYなんですよね。でもこれはケミカル人狼です。
ケミカル人狼は色々な可能性があります。
例えば
人狼×狐』
人数カウントがなしとなるので自分以外の人狼仲間を全員殺せば勝ちとなります。

『恋人×恋人』
自分大好きな人です。対抗がでない限り一人恋人coでほぼ確白です。

『預言×霊媒
占い結果と霊媒結果を独占できます。当たり前ですけど、ラインは切れません。

『狐×預言』
溶けません。最強の狐です。昼に吊られなければ勝ちです。

人狼×狩人』
人狼は噛み放題です。また、噛み先を知ってるので好きな時にGJが出せます。

『猫又×預言』
最強の預言者です。噛まれたら人狼を道連れにできます。

このように役職の組合せで動きも変わってきます。また、役職全員偽の可能性もあるために、いつもより役職の真偽を見極める目が必要となってきます。
私も何回かプレイしているのですが、『人狼×狐』で預言を騙り、仲間へ黒出しをしたり、『恋人×預言』で(相方が人狼だったら無敵だ!)と思ってたところあっさり噛まれてしまったり。
また、頭の中で『この組合せを引いたらこう動こう』と考えるだけでも楽しいです。
興味を持った方は別に許可などはいらないそうなので自分の人狼会でも採用してみてください。きっと、新しい体験ができるはずですよ。

もる